故郷

2012年9月18日 (火)

暑い会津。

連休は、喜多方の個展の打ち合わせと、
ばあや(この辺りでは、祖母をばあやと呼びます)の17回忌の法事で、
帰郷しました。
連日30度超えの暑さ!朝晩は涼しくはなるものの、
この時期にびっくりです。

法事は、30人以上の親戚が集まり、とても賑やかでした。
もう、丸16年もたったのかーと思います。
穏やかでかわいい、ばあやでした。


金山町の満開のそば畑と、沼沢湖を見てきました。
917

917b
白くて小さな、かわいらしい花です。


917c
ススキもきれいでした。


晴天の沼沢湖。
917d
お盆を過ぎると涼しくなって、泳ぐ人もほとんどいなくなるのですが
今年は特別ですね。沢山の人が泳いでいました。


917e
まだ保育所だったかの時、遠足だったかのバスの窓から
初めて沼沢湖を見たとき
「うわーーーー!きれいーーー!!」って感動したのを
よく覚えています。
その時同様、透明度の高い美しい水でした。


917f


917g


917h

あわただしい帰郷でしたが、たのしい時間でした。


〜お知らせ〜

喜多方ラーメン坂内 多摩センター店の絵の展示替えしてきました。
まだ残暑が厳しいですが、秋の絵に囲まれて
ちょっと涼しい気分で、美味しいラーメンを召し上がって下さい。
個展のDMハガキも、置かせていただいています。
喜多方ラーメン坂内 多摩センター店


喜多方での個展が近づいてきました。
在廊予定日は、
10月5(金)〜8日(月祝日)、12(金)、13(土)、14(日)の7日間です。
お時間ありましたら、遊びにいらして下さい。
95
第12回蔵のまち アートぶらりー
大竹惠子 色鉛筆画展 〜故郷の色〜
10月5日(金)〜14日(日)
午前10時〜午後5時
大和川酒蔵 北方風土館 天空回廊
福島県喜多方市寺町4761
0241-22-2233

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

お盆の帰郷。

お盆に、故郷・奥会津金山に帰りました。
お盆の帰郷は久しぶり、10年以上ぶりかもしれません。
初めて、夜行の高速バスを利用してみました。
14日新宿23時発の夜行バスで会津若松に向い
15日の朝5時20分到着、5時59分発の只見線で
実家の最寄り駅会津中川に、7時57分着の長旅です。

早朝ということもあり、会津は爽やかな空気。
只見線は、クーラーなんて付いてないけど
自然の風がとても気持ちいいです。
818

818b
緑をかき分けて、時には伸びた木の枝にぶつかりながら
走って行きます。

818c
昨年の水害で、只見川の表情は変わっていますが
とーーーっても、きれいな景色です。
只見線は、昨年の水害の被害で途中までしか走っておらず
一日に4〜5本しか汽車が走らず、不便といえば不便ですが
どこの路線にもない、独特の美しさと雰囲気を持っています。
ぜひぜひ、たくさんの人に体感してもらいたいなぁと思います。

夕方は、お墓参りに。
お墓は歩いてすぐ、部落内にあります。
818d
地域によって、いろんな風習があると思いますが
14日と15日の夕方は、仏様をお迎えする、
「松あかし」をします。
割り箸のようなサイズに切った松を
お墓の前で燃やします。

それから、線路を歩いて親戚の家に。
818e
一昨年亡くなったおじちゃん家、おばちゃんが1人なので
灯籠に火をつけに行きました。
818f
家の人が亡くなると、新盆から3年間は灯籠を立てます。
亡くなった人が、迷わず家に戻れようにとの目印です。
大志部落でも、たくさんの灯籠が立っています。

お盆は、たっくさんの人が帰省します。
この時期は、町内の人や車が増え
ちょっと、独特の雰囲気になります。
子供のころは、新しい洋服を着せてもらって
久しぶりに、いとこや親戚に会ってドキドキわくわくして
都会に出たばっかりの20代のころは、おしゃれして帰って
「惠子かぁ〜。なんだって(何だかとても)、きれいになって〜。」
なんて言われて嬉しかったり、
今では、小さかった親戚や友達の子供達が、すっかり成長し
そういう事を言われる方から、言う方になりました。
やはり、お盆に帰ると思いがけずに、久しぶりの人とたくさん会えて
とても嬉しかったです。
同級生のRちゃんとも、ゆっくりお話できました。
子供3人、一番上の子は、もう高校生です。
すっかり、たくましくイケメンに成長していました。
弟、妹も大きくなり
立派に子育てしてる友達を、心から尊敬します。
母としてのたっくさんの経験とか、自信とか強さが溢れてて
とても素敵に見えました!

3日間、甥っ子姪っ子と、いっぱい遊びました!
中学2年の甥っ子は、私の身長を軽く越えてしまい
小学3年の姪っ子も、すっかりかわいい女の子です。
お絵描きに版画に皮のアクセサリー作り、花火にバレーボールに
ゲームに貯金箱の工作、などなど。
美味しいものも、いっぱい!
とれたての、スイカやとうもろこし
野菜もいっぱい、次から次へとご近所さんが
持ってきてくれます。
そして、何よりお母ちゃんの作ってくれるものは
あんこ餅もつゆ餅も、そうめんも漬け物も、卵焼きも煮物も
なんでもかんでも美味しかったです。


8月21日からの「てれどろ展」に展示する作品を
みんなで描きました。
818h
いとこや、親戚にも声をかけて、たくさんの作品が生まれました。

お父ちゃんも、
818i

お母ちゃんも、
818g
楽しんで描いてくれました。


とっても楽しいお盆帰省でした。
楽しすぎて、帰るのが寂しかったです。

我が家に帰ると、お留守番していたにゃんこの顔を見て
ほっとしました。
そして、賑やかなお盆に、一緒に帰省してくれた
旦那さんに、とっても感謝です。

ポチッとお願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2l
飼い猫おちびのブログです。見てね!

大竹惠子HP新アドレス
大竹惠子HP  http://heart623.web.fc2.com

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月10日 (火)

久しぶりの帰郷。

7月4〜6日、
昨年の9月ぶりに、故郷・奥会津金山に帰ってきました。
緑いっぱいで、むし暑いけど
夜になると、ひんやりです。
昨年の水害被害で、姿の変わった只見川は、
まだまだもとには戻らないけれど
心地よい空気に包まれていました。
77
実家の窓からの風景。

久しぶりに会った甥っ子は、私の身長を越えていました。
姪っ子も、ずいぶん大きくなっていました。
早いなーと、びっくりです。
いくつか用事もあったのですが
何だか、こんなふうに一緒に遊べる時間って
とても短くて貴重なものなんじゃないかと思って
2人との時間を優先してしまいます。

帰郷の目的の1つ
みーじいに、お線香をあげに行きました。
冬に亡くなった時、大雪で来れないままだったので
一番に行ってきました。
みーじぃは、お父ちゃんお母ちゃんの友達。
桐下駄を作っていました。
ご近所で、子供も同世代で
家族ぐるみのお付きあいです。
夏休みは、一緒に家族旅行に行きました。
話が面白くて、いつも笑わせてくれました。
ハムスターが死んだ時、一緒にお墓を作ってくれました。
いなくなってしまったなんて、信じられないけど
お仏壇の優しい表情の写真を見ると、
遠くに行っちゃったんだなぁと
実感せざるおえません。
感謝と、これからも見守って下さいと伝えてきました。

あと、秋に喜多方で開催する展示に向けて
喜多方を描くための、写真を撮ってきました。
喜多方は、蔵の町。
いろんな蔵があります。
そんな中で、私が描きたいと思ったのは
街から少し離れた、杉山地区の農家の蔵です。
生活感があり、自然の中でどっしりと建っている様に
とても魅力を感じました。
77b
10月の展示に向けて、制作頑張ります。

久しぶりの帰郷で、改めて感じた事。
故郷には、はかり知れない安心感があります。
部落の人は、みんな知ってる人達、
会えば「よく帰ってきたなぁ」と
温かい笑顔と言葉でむかえてくれる。
お父ちゃんお母ちゃんも、歳はとったけど
やっぱり、父と母で、私は子供。
(自分もっと、しっかりしなければいけないのだけれど…)
あとは、方言でしゃべる自分は、かなり素なのだと思う。
そして、その全てを包み込む大自然がある。

かと言って、現実の生活が不安だったり気取っている訳ではくて
自分の原点の場所があるからこそ、頑張れるんだろうなぁと
何だか抽象的な文章ですが、そんな事を思った
久しぶりの帰郷でした。

ポチッとお願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2l
飼い猫おちびのブログです。見てね!

大竹惠子HP新アドレス
大竹惠子HP  http://heart623.web.fc2.com

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

火の用心。

新しい年になりました。
今年も、よろしくお願いします。
どうか穏やかな1年でありますように。

故郷・奥会津では
その年に満5歳になる子供達が
書き初めで「火の用心」と書いて、ご近所や親戚に配る習わしがあります。
満5歳は数え年6歳。6歳(むさい)=無災に通じ、
このお札は、各家を火災や災難から守ってくれるのです。
お札を配るとお駄賃がもらえ、とても嬉しかったものです。

奥会津の家には、こんなふうに
たくさんの「火の用心」が貼ってあります。
14

この絵は、色鉛筆で描いているのですが、
文字部分は筆で描いています。
そして1枚は、甥っ子が実際に書いた「火の用心」を合成しています。
金山町の町勢要覧のお仕事で描いたものですが
描いた本人ならではの、密かな楽しみです!


ポチッとお願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2l
飼い猫おちびのブログです。見てね!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

帰郷・タイムスリップ。

17〜19日、帰郷しました。
新潟・福島豪雨から1ヶ月半。
その爪後は、まだまだ残っています。

実家のある大志部落は、氾濫した只見川沿いにあります。
災害のダメージで、ダムのシステムが故障してしまっているので
貯水機能はなく、グッと水位が下っています。
私が生まれてからずっと見てきた只見川とは、大きく表情を変えていました。

824g
これは昨年の写真、只見川が満々と水を貯えています。

920c_2
これが今の同じ場所。
流されてきたドロや砂がたまり
濁った水が、わずかに流れています。

みんなで、ドロがたまってできた崖の下に降りてみました。
※詳しいお兄ちゃんがいたので降りましたが、本当は危険なので×です。
920l_2

920e
広がっていたのは、不思議な風景です。
普段、絶対に歩けない川底近くを歩くのです。

これは普段の風景。川際に家が並んでいます。

2
(白いモヤモヤは川の表面に出た川霧です)

920n
その家々が、はるか高い所に見えます。
只見川がとても深かったんだんぁーと実感。

920o
何だか、とても不思議な風景。
いつの時代なんだろうかと思うような
不思議な感覚になります。
まるで、タイムスリップでもしたかのようです。

920p

920f_3

920h

920i

920q

ダムが出来る60年前、只見川はサラサラ流れる浅い川だったそうです。
なので、水が引けてる今の風景は
そのころに戻ったような風景だそうです。
もちろん、もっときれいな水が流れていたし
溜まったドロや砂もないし
川底は、さらに下にあったそうです。
父母や、近所のおじちゃん、親戚のおばちゃん達も
懐かしく、そのころの様子を話していました。
そして、ダムができて、たくさんの家が水の底に沈みました。

今回、みんなで崖を降りたのは
まさにタイムスリップしたような場所を見に行ったのです。
今回水位が下がった事で
60年ぶりに清水(しみず)が現れたのです。

その清水近くに、お不動様が祭られていて
実家のすぐそばにあったそうです。
この清水は冷たくて美味しくて
人生最後に口にしたいと
皆が望んだほどだそうです。
ダム建設にともない
民家と一緒に、お不動様も実家の近くに移築されました。

920m
子供の頃、私は毎日お不動様にご飯をお供えしていました。
毎年1月17日には、お不動様のお祭りがあって
「瀧の水」と書いた書を奉納します。

その清水が、枯れずに湧いていたのです。

下の写真の、二股の木は桜で
真ん中の木というか棒は、お不動様の鳥居だったものじゃないかと
お父ちゃん達は遠い記憶で、推測していました。

920j

澄んだ冷たい清水が湧いていました。
920k
この水をくんで、お不動様にお供えしました。
60年ぶりの清水、お不動様も喜んで下さったと思います。


水害で、只見川沿いの風景が大きく変わりました。
とてもショックを受けましたが
でも、当然の事ながら
どんな風景になっても、私にとっての故郷だという事は
何も変わりがありません。
只見川に豊富な水がもどるのを気長に見て行きたいと思います。
そして、私はこれからも故郷の絵を描いて
自分のできる事を少しずつしていきたいと思います。

ポチッとお願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2l
飼い猫おちびのブログです。見てね!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

水害の後。

先週の、新潟、福島豪雨。
故郷・奥会津金山町での被害は、やはり大きかったです。

1

6
地面が削りとられ、家が流されています。
こんなふうに、崩れた場所や橋が何か所もあります。

25
ダムの放水で、崩れた鉄道の橋。

11
田んぼも冠水して、泥水をかぶってしまいました。
(写真は金山町HP等)


その他、ネットの写真で、少し現状を知る事ができました。
知ってる場所、遊んだ場所が表情を変えていました。

豪雨の翌日。実家、大志部落の船着き場。
1065206950_701
ドロがいっぱい打ち上げられています。

1065206950_171
ドロに少し埋まっていますが、お酒がお供えしてあります。
「川の神さま、どうか怒りをおさめて下さい。」
ただただ祈る気持ちだったのだろうと思います。
(町在住の方が、撮って下さった写真です)

1065206950_131
大志部落対岸の山は削られて、ドロが溜まっています。
ダムが放水を続けているので、水位がかなり低くなっています。
730
自然は、破壊の力も大きいけれど
再生の力も大きいし、
人々の力を合わせれば、もっともっと大きなものになると思います。
満々と深緑の水をたたえた、美しい景色に戻ることを願っています。

帰れず、離れた所でジメジメしていても何の役にも立ちません。
自分に与えてもらっている事を頑張りたいと思います。
夏のイベント詳細。次の日記に記します!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月30日 (土)

故郷の豪雨。

故郷・福島県奥会津 金山町。
小さな町の名が、全国ニュースにたくさん出ています。

昨日からの、新潟・福島の豪雨で、大きな被害が出たのです。

730
この只見川沿いの部落が、私の生まれ育った金山町大志部落です。
川に突き出した先っちょに、実家があります。

なので、家の裏、20歩も歩けばすぐ只見川があって、こんなふうに
730b_2
絶景なのです。

いつもは、止ってるかのように、のんびり流れる川なのですが
この只見川が、所々氾濫したのです。
実家には避難勧告が出ました。

730c
川沿いには、こんなふうにコンクリートの壁があるのですが
あと20センチ程で、あふれてしまうほどの水位になったそうでうす。
幸いギリギリの所で、大志部落の冠水は免れました。
雨も止んで水位も下がり、夕方には避難勧告も解除されました。

でも、金山町では、3つの橋が流され
JR只見線の鉄橋もいくつも流されたり崩れたり
道路も、あちこち寸断されているようで
床上床下侵水や、家に被害があった所など多数あるようです。
お隣の只見町では、さらに大きな被害が出たようです。
ニュースやネットの画像などで、だんだん被害が見えて来て
ショックを受けます。

川幅があって、深くて穏やかな只見川。
私が、人よりのんびりして、のろまなのは
このゆったりした流れを眺めて育ったからではないかと思ったりもします。
その川が溢れるほどの水位になったなんて
この地を知ってる人なら、その水量に驚かされると思います。

濁流になった様は、普段とは違う恐ろしい只見川だった事でしょう。

電話で話した、お兄ちゃんの声に元気がありませんでした。
元通りになるのは、いつになるのか…。

会津は、震災での大きな被害はなかったものの
原発問題やその他いろいろ
心の傷も癒えていないのに。
自然は強くて美しくて厳しいです。



ポチッとお願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2l
飼い猫おちびのブログです。見てね!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水)

ふくしまへ。

託せたのは、ほんの少しの物資。
絵を付けてみました。
2011042018460000

Photo_2
老若男女、

B
ハートを掲げて、I Loveふくしま。

物資を届けてくれる、義兄姉と、避難してきているIさん。
ありがとうございます。


ポチッとお願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2l
飼い猫おちびのブログです。見てね!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

帰郷2。

今回の帰郷は、頼まれていた絵の納品もして来ました。

482
家と依頼して下さった方と、お孫さんを描きました。
とても喜んでいただけて、ありがたかったです。


観光もして来ました。
旦那さんがずっと行きたかった飯盛山のさざえ堂。
さざえ堂のある飯盛山は、白虎隊が自刃した所、
何度行っても切ない気持ちになります。
会津さざえ堂は、1796年福島県会津若松市の飯盛山に建立された、
高さ16.5メートル、六角三層のお堂です。
483
その独特な2重らせんのスロープに沿って西国三十三観音像が安置され、
参拝者はこのお堂をお参りすることで三十三観音参りができるという
大変合理的なお堂です。
また、上りと下りが全く別の通路になっている一方通行の構造により、
たくさんの参拝者がすれ違うこと無く安全にお参りができるという
世界にも珍しい建築様式を採用したことで、建築史上その特異な存在が認められ、
平成8年に国重要文化財に指定されました。(会津さざえ堂HPより抜粋)
素晴らしい建築物です!

子供達とも、いっぱい遊んで、
新学期、中学入学の甥っ子と小学2年生になる姪っ子の
ピカピカの笑顔を見れました。
487_2
雪解水がキラキラして、この季節独特の土の香りがします。
自分自身の入学の時を思い出しました。

486_2
やっぱりこの季節は、希望の香りがして大好きです。

それから、会津若松福祉協議会に行って
旦那さんと私で「子供達と一緒にお絵描きするボランティア」の登録をして来ました。
今現在、子供達のためのボランティアもたくさん行われているそうです。
読み聞かせや、大道芸のショーやイチゴ狩りなどなど、
たくさんの方々が、子供達の笑顔を大切にして下さっています。
いつか私達も、その機会をいただければと思います。

自宅に帰り着いてテレビを付けて初めて、大きな余震があった事を知りました。
電車の中で、まったく気付きませんでした。
あと数時間違っていたら、高速バスがストップしていたかも。
自分達が帰れなくなるのは、たいした事ではないのですが
2泊3日の留守番をしていた、おちび(猫ちゃん)がいたので
無事に帰れて、良かったです。

さあ、また頑張ろう!

ポチッとお願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2l
飼い猫おちびのブログです。見てね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

帰郷1。

奥会津へ、帰郷しました。

まだまだ雪がたくさん残っていました。
48_2

まだまだ、あるとことには、
48b

たーっぷり!
今年は、雪解けが遅いようです。

48e
雪遊びだって、まだまだ楽しめちゃいます。


でも、春も来ています。
48c
福寿草も、春の日射しでキラキラしていました。


48d
大自然に囲まれると
いろんな事が、大丈夫!!って思えます。
みんな元気でした。
でも、
来てみないとわからない、決して全国版の大きなニュースにはならない
小さな町の大変な現状もありました。
ちょっと切ない春だけど、春の日射しは
とっても優しかったです。


ポチッとお願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2l
飼い猫おちびのブログです。見てね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧