« ドキュメンタリー映画 只見線(仮)・クラウドファンディング。 | トップページ | 福島県・大内宿の絵。 »

2020年5月11日 (月)

あと7日。

ドキュメンタリー映画「霧幻(むげん)鉄道只見線」のクラウドファンディング。
支援募集は5月17日(日)まで、あと6日となりました。
https://readyfor.jp/projects/tadamiline


ドキュメンタリー映画「霧幻(むげん)鉄道只見線」は、
2011年の豪雨被害で、一部不通になっている只見線が、
只見線の写真を撮り続け世界中に発信する郷土写真家・星賢孝さんと、
多くの方々の思いやご尽力で
復興へと歩んで行くドキュメンタリー映画です。

 

ご支援いただいた方へのリターンの1つに
奥会津産「割りばし」があり、
その箸ぶくろの絵を描かせていただきました。
57g5

豪雨被害で流されてしまった橋の復活、
奥会津産の箸
『はし』で結ばれたリターンの品です。

 

何を描こうか…いろいろ考え
広い年代の方に、様々なシーンで使っていただけるような絵柄と思い
どっしりとしていて個性的でもある
めがね橋にしました。

車両は、現在キハE120形が頑張って走ってくれていますが
長年走ってくれてたキハ40形にしました。
使う方の食卓に、只見線が並ぶのを想像すると
とても嬉しくなりました。

この絵をトリミングして
箸袋になります。楽しみ!


映画は2018年から撮影が始まっており
現在も撮影中です。
この月日の中でも、只見線の状況や自然にも大きな変化がありました。
今もまさに、コロナウィルスの猛威で世界中が揺れています。
この日々を記録する、とても貴重な映画になると思います。

これも、変化の1つ。
59g4
PVに出てくる、絵に描いた本名駅。ホーム目の前の赤い屋根の家は
現在取り壊され、更地になっています。

私の只見線作品についても撮影していただいています。

せひ、興味を持っていただきご支援いただければ幸いです。
クラウドファンディング『READYROR』
https://readyfor.jp/projects/tadamiline
59i

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ

にほんブログ村
人気ブログランキングへ
2l
飼い猫おちびのブログです。見てね!

 

|

« ドキュメンタリー映画 只見線(仮)・クラウドファンディング。 | トップページ | 福島県・大内宿の絵。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドキュメンタリー映画 只見線(仮)・クラウドファンディング。 | トップページ | 福島県・大内宿の絵。 »