« 2017年5月 | トップページ

2017年7月

2017年7月 5日 (水)

只見線応援うちわ。

7月1日に金山町で開催された只見線シンポジウムで
皆さんに配布された只見線応援うちわに
(8月5日、6日の沼沢湖水まつりでも配布)
今回も絵を使っていただきました。

75
只見線の復旧が決まったので、現在運休の地区を描こう!と
本名駅を描く事にして、私は最寄り駅ではないので
本名生まれの友達に、駅の思い出話を聞きました。

すると、いろんな貴重な話をしてくれました!
汽車の乗り降りの事はもちろんですが、その他、
本名駅が地区の中心的場所で、駅の広場で遊んだ話や、
秋祭りの子供神輿が本名駅をまわった事。
その他、流される前の鉄橋や稲荷神社の思い出など
たっくさんたっくさん教えてくれました。

そこで、汽車の乗り降りだけではない
駅の広場での、
夏の楽しい思い出話を描き入れる事にしました。
かんけりしたり、軽石で絵を描いたり、
ラジオ体操をした話。
朝、駅まで走った事。
(遅れても車掌さんがちょっと待ってくれたり!)
タチアオイが咲いていた話。
夕方5時半頃に本名駅に付く汽車があって、
見送る川口高校の女の子(昔の制服)。
今はない金山一中の制服、本名小学校の体操着。
病院に行ってきたおばあちゃん。
お出かけしてた母娘。
この頃は汽車の色が違っていたと思うけど、
そこは今の色に。
いろんな思い出・時代が交差している
本名駅の様子です。

これから復旧して只見線がここを走り出したら、
また思い出が動き出します。
以前みたいに、乗り降りだけでなく、
地元の生活の近くにあって愛される駅であるように
そんな思いを込めて描きました。
そして絵を見た役場の方達が
「思い出と共に 次代につなげる 只見線」と
言葉を入れて下さいました。
75c


今回、本名出身の友達の大切な思い出話を聞いて
6年前の新潟・福島豪雨で失ったものの大きさを
感じました。

75b

数年後、本名駅に沢山の笑顔が戻ってきますように。



にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ

にほんブログ村
人気ブログランキングへ
2l
飼い猫おちびのブログです。見てね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ