« 石ころお絵描き。 | トップページ | 記事とHP。 »

2011年11月 2日 (水)

故郷の空。

以前ブログに書いた難題の絵、ほぼ仕上がりました。
30年ほど前の色あせたお写真をもとに、描かせていただきました。
1020



112b_3  
依頼して下さった方と
写真では識別不可能な箇所を、略したり、描き足したりするように
いろいろ話し合ったり、
言葉で説明してもらった部分の想像も含め
なんとか「まとまる」よう試行錯誤しました。
そして確認で観ていただいたところ、喜んでいただき
ほっとしました。
最後に、ちょっとだけ仕上げ作業をして額装して納めます。
今月中旬には、この家のある場所に、この絵も行くようです。
この絵の場所は、福島県の二本松市です。
家の前には田んぼが広がり、裏は、わらび畑。
今年は、とても厳しい状況のようです。

二本松は、智恵子抄の智恵子の生家があります。
智恵子にとっての「ほんとうの空」は故郷の空。
そう思う人は、きっとたくさんいるでしょう。
そして、それがずっとずっと変わらないようにと
心から願わずにはいられません。

ポチッとお願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2l
飼い猫おちびのブログです。見てね!

|

« 石ころお絵描き。 | トップページ | 記事とHP。 »

制作」カテゴリの記事

コメント

大変お疲れ様でございました!
色鮮やかで素晴らしい仕上がりだと思います。

投稿: (^o^)v 奥会津の殿 | 2011年11月 3日 (木) 00時54分

>奥会津の殿さん
ありがとうございます!
今回もいろいろ勉強になりました。
また次の作品に生かせるよう頑張ります!

投稿: けいちゃん | 2011年11月 3日 (木) 20時57分

けいちゃんの絵を見ると いつも自分の思い出かと思ってしまうよ。
誰かの懐かしいだけど みんなの懐かしいなんだよね。

投稿: くめこ | 2011年11月 3日 (木) 23時18分

くめちゃん
ぼんやりだけど、「懐かしい」って
実体験じゃなくても
何となく共通する部分があるんだろうね。
そんなふうに、私の「懐かしい」と観てくれる人の「懐かしい」が
重なった時、とても嬉しいです。

投稿: けいちゃん | 2011年11月 4日 (金) 18時58分

二本松の阿武隈山中に学生時代事故で亡くなった友人の家があり、毎年お墓参りに行ってます。何となく毎年通ってたのですが、いつの間にか主人や娘たちも一緒に行く我が家の年中行事になりました。
普段は命日のある秋に行ってたのですが、今年は娘の部活の関係で夏休みに行ってます。

ここ20年毎年行ってるので、すっかり故郷の様な愛着がわきました。絵に描かれてるようなお家があちこちにあるのですよね。拝見してじ~んと来ちゃいました。

投稿: 小径 | 2011年11月 8日 (火) 20時48分

>小径さん
二本松と、そのようなご縁があったのですね。
亡くなられたご友人も、小径さんが故郷のように思って下さってる事、
とても喜んでいらっしゃると思います。

この家は高台にあって、段々の田んぼが広がっています。
左側には、安達太良山が見えて
自然に生活が溶け込んだ風景は、バランスがとれていて、とても美しいですね。
来年には、その全景を描かせてもらう予定です。

来年の夏も、美しい空に会って来て下さい。


投稿: けいちゃん | 2011年11月 8日 (火) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278657/42818923

この記事へのトラックバック一覧です: 故郷の空。:

« 石ころお絵描き。 | トップページ | 記事とHP。 »