« ダイニングテーブル DOGA。 | トップページ | 木村和弘個展。 »

2011年6月 8日 (水)

ブッタ展と藤城清治自宅スタジオ展。

東京国立博物館
手塚治虫のブッタ展を観に行きました。
67b

お寺に飾らせていただく絵を描く事になって
手塚治虫の「ブッタ」を読んだのは最近の事。
そしたら、たまたまこのタイミングで、その展覧会。
手塚治虫の原画と仏像で、ブッタの生涯をたどる内容です。
手塚治虫が10年以上の歳月をかけて制作した作品、
原画には手直し部分も多く見られ、情熱やこだわりが伝わってきました。

67
手塚治虫のブッタ展  http://www.budda-tezuka.com/index2.html
東京国立博物 開催中〜6月26日(日)

その後、藤城清治自宅スタジオ展へ。
自宅スタジオでの20年ぶりの展覧会。
NHKの番組で取り上げられた事もあり、行列ができていました。
作品集や版画などで観た事はあったのですが
本来の影絵としての展示は観るのは初めてでした。
こみこみで、ゆっくりは観れなかったのですが
とにかく、素晴らしかったです!!

館内の撮影が許可されていたので、何点か掲載します。
67e
モノクロの世界から始まり、
67f

鮮やかな色が溢れる作品へ。
67g

鏡や水面の演出で、
67h
67i
作品の世界が、広がります。

67c  67d
ケロヨンもモグちゃんもいました。
見応えのある素晴らしい展覧会でした。
藤城清治自宅スタジオ展 http://www.seiji-fujishiro.com/
開催中〜6月12日(土)

これから絵を描き始める前に、観ておきたい2つの展覧会でした。
この膨大な作品を生み出すエネルギー、すごいです。
すごすぎて、落ち込んでしまうくらいです。
でも、観て良かった。
私なりに少しずつ、頑張ります。


ポチッとお願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2l
飼い猫おちびのブログです。見てね!

|

« ダイニングテーブル DOGA。 | トップページ | 木村和弘個展。 »

日記」カテゴリの記事

コメント

ブッダ、図書館で昔借りて読みました。
映画になるんですよね。
色々な作品、楽しく拝見しました。
「すごすぎて、おちこんでしまう」わかる気がします。

投稿: 小径 | 2011年6月10日 (金) 22時59分

藤城清治さん 素敵よね
影絵を見れるなんて!綺麗だろうね

投稿: くめこ | 2011年6月10日 (金) 23時33分

>小径さん
手塚治虫のブッタ、多少脚色はあるようですが
やはり漫画は、入りこみやすくてありがたかったですcoldsweats01
そうなんですよね。映画も公開されてますね。
随分絵が違ってて、ちょっとびっくり!

すごすぎて落ち込む事は、しょっちゅうです…。
でも、立ち直るのも結構早いです!
そんな事をくり返しながら、制作しています。

投稿: けいちゃん | 2011年6月11日 (土) 00時27分

>くめちゃん
混んでて、満足には観れなかったけど
すーーーっごく、良かったよー!
もし、1人とかで観てたら号泣してそうcrying
切ったり、貼ったり、その手間も見えて
とても勉強にもなりました。
美しくて夢の世界にいるみたいだったよ。

投稿: けいちゃん | 2011年6月11日 (土) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278657/40308150

この記事へのトラックバック一覧です: ブッタ展と藤城清治自宅スタジオ展。:

« ダイニングテーブル DOGA。 | トップページ | 木村和弘個展。 »