« 家が浮かび上がってきた。 | トップページ | プチハイキング »

2009年12月 1日 (火)

ぺぺとルル

この男の子と女の子、どこかで目にした事があると思います。
Pentel
名前は、ぺぺ(男の子)とルル(女の子)






ぺんてるくれよん のパッケージの絵です。
Thum1

この男の子と女の子を描いたのは、宮永岳彦。(1919〜1987)
宮永岳彦記念美術館に行ってきました。宮永岳彦記念美術館

宮永岳彦は、油彩の美人画で知られていますが、デザイナーでもあり
数多くの企業ポスター、雑誌の表紙絵、挿絵、童画なども描いています。
ぺぺとルルの原画が展示してあり、とーってもレトロでかわいかったです。
小田急ロマンスカー3000形SEのカラーリングも手掛け、
そのポスターなども展示してありました。
冊子の「小田急ぼうや」というキャラクターもめちゃくちゃかわいかったです。

昭和30年からずーっと多くの人に親しまれるなんて、素晴らしい事です。
これからもずーっと、ぺぺとルルの「ぺんてるくれよん」でありますように。



ポチッとお願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画・色鉛筆画へ
にほんブログ村

|

« 家が浮かび上がってきた。 | トップページ | プチハイキング »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

ず~と前に見た事があるイラストですね。
少し懐かしく感じました。confident

投稿: 奥会津の殿 | 2009年12月 2日 (水) 14時13分

奥会津の殿さん
はっきりと覚えていなくても
何となく懐かしさを感じる絵ですよね。

投稿: けいちゃん | 2009年12月 2日 (水) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278657/32447278

この記事へのトラックバック一覧です: ぺぺとルル:

« 家が浮かび上がってきた。 | トップページ | プチハイキング »