« 秘密基地。 | トップページ | 登場人物。 »

2009年11月10日 (火)

じゃり道。

実家の前の道は、子供の頃からずーーっと変わらないじゃり道で
大好きでした。

J1
(甥っ子と姪っ子)

 

季節ごとに小さな花が咲き、サラサラと水が流れていました。
J2

でも、舗装道路の工事が始まってしまいました。
それに伴い、いくつもの蔵や住む人がいなくなった家が解体されました。
とても、寂しくて悲しくて切ないです。

でもでも、この道が舗装され広くなるのは長年ここに住む人たちの願いでした。
これで除雪車も入ります。車も入りやすくなるでしょう。
何と言っても、住んでる人たちの生活が1番です。
高齢化になれば、なおさらです。
私のように、たまに帰って「いい景色だ〜」と言っている人とは
重さが違います。
それは、私もここに住んでいたから良くわかる事でもあります。

でもでもでも、やっぱり大好きな景色が変わってしまうのは、
とても悲しくて寂しいです。
なので、私なりに描き残そうと思います。
何枚かの作品を、時間をかけて大切に描いて行きたいと思います。

その1枚を描き始めています。
その家は、もうありません。
随分前から空き家になっていましたが、小さくてかわいい家でした。
最後に住んでいたのも、小さくてかわいいばあちゃんでした。
まだ下書きを始めたばかり。
依頼された作品制作の合間に描いて行きます。

お家と思い出を語りながら、描きたいと思います。
S





にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画・色鉛筆画へ
にほんブログ村

|

« 秘密基地。 | トップページ | 登場人物。 »

制作」カテゴリの記事

コメント

集落・町並み遺産とか、小京都とか、居住されている方との難しい問題と、そこに起こる矛盾を孕んでおりますが、
これも時代の趨勢と片づけてしまって宜しいのでしょうか。

そこには「自然の営み」と「生活の営み」が交差しておりますものね。

惠子先生は、消え行く歴史を描き残す、とても素敵なお仕事をなされていると思うのです。
いつまでも、続けてくださいね。そんな先生が大好きなんですから。

それにしても、じゃり道が少なくなってきましたね。
「門口」や「あぜ道」までも舗装されております。
やはり、寂しさは隠せません。
 

ところで、惠子先生の秘密基地。。。
色鉛筆の多いこと。 お披露目ありがとうございました。

投稿: クリスタル | 2009年11月10日 (火) 21時49分

やー!

コミュニティに入ってくれて、ありがとう。

それから、外部ブログにしたんだね。

確かに自然は残したいものだけど、自然は時として災害を起こし、犠牲になる人もたくさんいるから、居住範囲での公共事業は必要だと思うよ。
(実家が元土木会社だけに強く思うよ)。

投稿: 心の監督の竹内 | 2009年11月10日 (火) 21時53分

クリスタルさん
自然保護と開発、とてもバランスが難かしいですよね。一方的な立場や感情で言える事ではなくて、私の心の中で、ぐるぐるしています。
ただ、今の自分ができる事、というか自分のしたい事は描いて残す事だったので、素直にそうしたいと思います。
いつも、私のぐるぐるをご理解いただいて、ありがたいです!

投稿: けいちゃん | 2009年11月11日 (水) 00時56分

心の監督の竹内さん
コミュに早速入らせていただきましたー!

本来人は、自然から計りしれない恩恵を受け
自然に生かされているのだと思います。
でも、その偉大な力の中で生き抜くためには、
知恵も必要なのでしょうね。

投稿: けいちゃん | 2009年11月11日 (水) 01時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278657/32155066

この記事へのトラックバック一覧です: じゃり道。:

« 秘密基地。 | トップページ | 登場人物。 »