« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月27日 (金)

家が浮かび上がってきた。

家が浮かび上がってきました!
「浮かび上がってきた」というのも、ちょっと変な表現なのですが、
色鉛筆で色付けしていると、少しずつ少しずつ浮かび上がってくる感じなのです。
まだ、1度しか塗っていないし陰影も付けてないので
ぼーっと、うっすらとした感じです。

1127a

作品は、塗りたい所から塗り始めます。
今回は家から塗り始めました。


1127b_2
これから、いろんなものが浮かび上がってくるのが楽しみです。




ポチッとお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画・色鉛筆画へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

モンドでプードル。

プードルをかいました!


1125d
木でできた、小さな小さなプードルです!
1125e

何て言ったらいいのかわからないほど、気に入ってしまいました。



このプードルは、ギャラリーモンドさんの「モンドショップ」で出会いました。
1125a

「モンドショップ」はギャラリーモンド1階、
「日水土」というお店のすぐ横にあります。
若手作家中心のアートの販売をしていて
小さな彫刻やドローイング、木工、陶、ガラスやウールを使った作品など
気軽に生活の中に取り入れられるアートがたくさん並んでいます。
1125b
その他、オーナーさんがセレクトしたかわいくてセンスのいい雑貨も
たっくさん並んでいます。
とにかく楽しいお店です。
1125c
自分のお気に入りを探すのはもちろん
個性的なプレゼントをお探しの方にも、ぴったり!!です。
※ギャラリーモンドHP 内のモンドショップご案内やお写真はこちら

お気に入りに出会って、それをお家に持って帰るまでのウキウキ気分。
そして、毎日目に入る楽しみ。
ちょっとした事だけど、とっても幸せな事です。
 

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画・色鉛筆画へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

迷宮美術館 向井潤吉。

深夜、NHK「迷宮美術館」内の迷宮伝説で、画家向井潤吉を特集していました。
失われて行く茅葺き屋根の民家、風景を描き続けた、大好きな画家さんです。

向井先生の作品を最初に見たのは、10年くらい前の書店。
「茅葺き屋根の絵、いいなぁ〜。」と記憶に残っていました。
その後世田谷に引っ越し、アパートの大家さんが近くに素敵な美術館があるわよと
教えてくれたのが向井潤吉アトリエ館。
ここは、向井先生のアトリエ兼住居だった建物が美術館になっており
作品はもちろん、とても素敵な空間です。
何度か通うようになりました。
そして、仕事を探している時期「アトリエ館で仕事ができたらなぁ〜」
などと考えながら行ってみると
偶然にも「アルバイト募集」チラシが置いてありました。
採用していただきその後非常勤職員として、2年半働かせていただきました。
大好きな作品と、向井先生の息づかいが感じられる空間、
私にとって最高の職場で、いい思い出ばかりです。

1122a

今も、図録を良く見ています。

1122b

共通点などと言うと、おこがましいのですが
私も、故郷・奥会津の失われて行く情景や、この地方独特の民家を描いています。
これからもずっと、向井先生の作品や生き様に刺激をうけながら
描き続けたいと思います。

Ore_2
「俺の家」 色鉛筆画


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画・色鉛筆画へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

絵本の学校 最終講義。

おととい18日の事ですが
鈴木出版さんの「絵本の学校」にいってきました。
今回は第9期の最終講義でした。

今回は西本鶏介先生。(絵本作家、児童文学評論家)
絵本とは何か?というお話から始まり
読み聞かせしながら、様々な絵本を紹介して下さいました。
絵本とは、本当にバラエティ豊なものです。先生が紹介して下さったのは

「まないたに りょうりを あげないこと」講談社
まな板がつまみ食いをしてどんどん大きくなってしまう、楽しいお話。

「しでむし」偕成社
死出虫、埋葬虫の命の営みを、昆虫画家熊田千桂慕さんのお弟子さん・館野鴻さんが繊細な絵で描いています。淡々としながら、しでむしのシンプルでたくましい生き様が見えてきます。

「にんじんケーキ」評論社
新婚うさぎさんのお話。かわいいお話ですが夫婦にとって大切な事が書かれています。

その他、たくさんの絵本の読み聞かせをして下さいました。

そして「よかったなぁ かあちゃん」では涙が出てしまいました。
内田麒太郎先生が「なきすぎてはいけない」の読み聞かせをして下さった時も同様でしたが、泣き笑いできる絵本の世界は、本当に素晴らしいと思います。

いつか私も、絵本を作りたいと思います!


にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画・色鉛筆画へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

山崎りょう展

だんなさんの個展が開催されます。

「山崎りょうのもう一つの世界」  
ryo yamazaki exhibition skins 
11月18日〜23日
ギャラリーモンド

T02200321_0300043810276079295

木彫、ブロンズ、様々な素材を使い作品制作をしていますが、
今回は皮革作品の展示です。

本来 靴や鞄になる皮を集めて 
消耗しない新しい命を包み直したいと制作。
生き物を限定せず、新しい生き物として友達になりたかったので
それぞれ何種類もの皮で出来ています。

みんなの友達のような存在です。
T02200326_0300044410276077395

いろんな子達がいます。
1337839345_69s

ぜひ、かわいがってあげて下さい。

詳しくは、山崎りょうブログまたは山崎りょうHPから。

会場のギャラリーモンドも、とても素敵なギャラリーです。
国立駅から続く大学通りは、桜と銀杏並木で有名で
銀杏が色付き始めています。

お時間あれば、ぜひ遊びにいらして下さい。

にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画・色鉛筆画へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

壁画。

お世話になっているHさんご家族が、家に来てくれました。

かわいい女の子2人と一緒にお絵描きをしました。
我が家は、ちょっと古いお家を自分達でリフォームしながら住んでいます。
以前は画家さんが住んでいました。個性的でかっこ良くて楽しい建物です。
まだ、塗りなおしていない屋上への階段の壁を、お絵描きコーナーにしました。

壁に描くのは楽しいです。
1116c


子供は得体のしれないものを描いてくれるので、勉強になります。
1116b



英語ペラペラの2人。会話や絵にも自然と英語が出てきます。
うらやましい…。
1116a




これからも、いろんな人の作品でいっぱいにしたいなぁ。
1116d



にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画・色鉛筆画へ



にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

色鉛筆を削って。

下絵がすんで
色を塗り始める前に、大方の色鉛筆を削ります。

カッターを使い手で削るので、時間もかかりあまりカッコ良く削れないのですが
とがった色鉛筆が並ぶと、気持ちがいいです。

色鉛筆も私も「さあ、塗るぜ!!」という気持ちになります。


茶色系と、
1114a

クレー系は、よく使うので、
1114b
補助軸付きの、チビ鉛筆がたくさんあります。
なんだか、みんなかわいいです。
文字通り「身を削って」絵になってくれています。

そして、ちょっとだけ塗り始めました。
うすーくうすーく塗っていきます。
1114c
色塗りは、楽し〜いです。


にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画・色鉛筆画へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

登場人物。

今描いてる下絵。

この作品には、


こんな兄妹と
Sk

こんなおばあちゃんが
Sb

登場します。

下絵だから、まっくろ画像です。

にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画・色鉛筆画へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

じゃり道。

実家の前の道は、子供の頃からずーーっと変わらないじゃり道で
大好きでした。

J1
(甥っ子と姪っ子)

 

季節ごとに小さな花が咲き、サラサラと水が流れていました。
J2

でも、舗装道路の工事が始まってしまいました。
それに伴い、いくつもの蔵や住む人がいなくなった家が解体されました。
とても、寂しくて悲しくて切ないです。

でもでも、この道が舗装され広くなるのは長年ここに住む人たちの願いでした。
これで除雪車も入ります。車も入りやすくなるでしょう。
何と言っても、住んでる人たちの生活が1番です。
高齢化になれば、なおさらです。
私のように、たまに帰って「いい景色だ〜」と言っている人とは
重さが違います。
それは、私もここに住んでいたから良くわかる事でもあります。

でもでもでも、やっぱり大好きな景色が変わってしまうのは、
とても悲しくて寂しいです。
なので、私なりに描き残そうと思います。
何枚かの作品を、時間をかけて大切に描いて行きたいと思います。

その1枚を描き始めています。
その家は、もうありません。
随分前から空き家になっていましたが、小さくてかわいい家でした。
最後に住んでいたのも、小さくてかわいいばあちゃんでした。
まだ下書きを始めたばかり。
依頼された作品制作の合間に描いて行きます。

お家と思い出を語りながら、描きたいと思います。
S





にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画・色鉛筆画へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

秘密基地。

私のだんなさんは、彫刻家です。

木も彫るし、
M

ブロンズも流すし、
B

その他、いろーんな作品を作ります。

だから、アトリエは不思議なものだらけ。

こんなものや、
U

こんなものもあり、
T
まるで秘密基地。

どんな作品ができるのか、いつも楽しみなのです。


にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画・色鉛筆画へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

完成ちょっと前。

故郷・大志の景色。
提出するラフが、完成ちょっと前。
ラフだけど、結構大きいサイズで、描きこんでしまいました。

Osi
(色鉛筆画)

でも、やっぱり…
私は、絵の中に「人」を描きたいなぁ。
「人」を描くと、作品にぐっと気持ちが入って行くのです。
そんな事を再確認しました。


にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画・色鉛筆画へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »