« 夕焼けの色。 | トップページ | 大志・大切な景色を描く。 »

2009年10月28日 (水)

只見線 SL

故郷・金山町には 只見線という鉄道路線が走っています。
汽車が4時間に1本あるかないかのローカル線。
ディーゼル車なのでガラガラと音をたてながら、
時速40キロくらいでゆっくり走ります。
夏はクーラーもなく、冬は豪雪でしょっちゅう止ってしまいます。
車両は1両か2両、遅い時間の汽車だと、乗客は私1人で貸し切り状態もしばしば。
「ほら、これ読みな」と、車掌さんがマンガ本をくれたりしました。
小学校高学年の頃は、只見線に乗って会津若松まで行くのが
ちょっと大人になった気分だったり
故郷を離れてからは、バイバイをいう場所だったり
只見線には、いろんな思い出があります。

その只見線も、今やすっかり有名になりました。
NIKKEI PLUS1 何でもランキング「紅葉の美しい鉄道路線ベストテン」の第1位に選ばれたり「雪景色のきれいなローカル線ベストテン」の第3位に選ばれ
写真撮影のお客さまが、たくさん訪れるようになりました。
年に数回イベントでSLが走る時は、大混乱!
生まれて始めて、故郷で渋滞を見たのもこの時でした。
10月31日〜11月3日も、SLが走ります。
10月27日〜29日は、その試運転があります。

今頃、賑わっているんだろうなぁ〜。

良かったね、いろんな人に見てもらえるようになって。
でも、いつまでも只見線らしくいて下さい。

Sl
「時代(とき)を越えて」 色鉛筆画

にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画・色鉛筆画へ
にほんブログ村

|

« 夕焼けの色。 | トップページ | 大志・大切な景色を描く。 »

故郷」カテゴリの記事

コメント

「時代(とき)を越えて」この作品との出会いが、恵子先生に引き合わせてくれた功労者ですね(笑)

3年前の夏、家族で、只見沿線をドライブして、蕎麦の美味しいお店を聞いて訪れたのが金山町活性化センター「こぶし館」でした。

このとき偶然にも先生の個展が開催されていて、偶々拝観したのがきっかけでした。
展示会場の真っ正面に私達を迎えるように「時代(とき)を越えて」が展示されておりましたね。

このときは、沢山の原画を展示されており、私達家族をすっかり虜にしてしまいました。
翌週には先生が御出になると知り、2週続けての小旅行を決行したのでした(笑)。

投稿: クリスタル | 2009年10月29日 (木) 13時05分

クリスタルさん
何だか懐しいですね〜。
絵が大切な出会いを運んでくれて
描く喜び何倍にもしてくれています。
ご家族皆さんに応援していただいて
いつも感謝しています。


投稿: けいちゃん | 2009年10月29日 (木) 17時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278657/31973766

この記事へのトラックバック一覧です: 只見線 SL:

« 夕焼けの色。 | トップページ | 大志・大切な景色を描く。 »